少し前の思い出

写真と文章の練習。CANON EOS 5DⅢと7D使っています。

明治のすき焼き

肉ブームが起きている!(私の中で)

ということで、明治村(愛知県犬山市)で明治探偵GAMEで遊ぶついでに肉を食べてきました。

 

牛鍋 大井牛肉店(明治村1丁目)

f:id:ebikanix:20170606205244j:plain

5D Mark III / EF24-105mm f4 IS USM

 

大井牛肉店。明治20年(1887年)頃に立てられた店舗を明治村へ移築したもの。

明治村へ行くと、いつもいつも気になるこの店・・・の牛鍋。

今回ランチは牛鍋いっちゃうかー!と連れに気軽に提案したところ。

 

牛鍋 4,100円(税込)から。

 

うわあ・・・そんなに高かったの? 値段見てなかった。

止めようかなぁと思ったけれど私は今、肉ブーム。勢いで入店した。

 

1階は展示スペースで飲食が出来ない。

お腹が空いていたので何も写真は撮ってない。肉しか頭になかった。

 

急な階段を登って2階が飲食スーペース。

タイミングが良かったみたいで、先約もいなくて、すぐ席に。小さな部屋は白い壁に囲まれて、牛鍋を料理する小さなちゃぶ台が複数あった。ちゃぶ台の中央には穴が空いており、そこに炭火を置くようになっている。

ここもお腹がすいていたので何も写真は撮ってない。早く肉が食べたかった。

 

そして、食べ物がきてハッとカメラを取り出した。 

 

f:id:ebikanix:20170606211141j:plain

5D Mark III / EF50mm F1.4 USM

 

最初は漬け物とお茶。

f2.8で撮る。ピント浅い浅いぞと思ったけどお腹すいてるので、終了。ねばらない。

 

ちなみに今回の写真、店内は全て5D Mark III / EF50mm F1.4 USM。

単焦点が苦手なので練習をかねてる。

しかし焦点距離が45cm。狭い店内(後ろがすぐ壁)で距離がとれず、他のお客の迷惑を考えてほぼ同じカット。サッと撮って終わる。

 

f:id:ebikanix:20170606211142j:plain

牛鍋の竹コース。炭火で肉を焼いていく。

 

f:id:ebikanix:20170606211143j:plain

お店の人が全て料理してくれるので作ってるところをひたすら見ている。

 

f:id:ebikanix:20170606211144j:plain

砂糖と割り下は濃いめと説明される。甘い匂いが漂う。

 

f:id:ebikanix:20170606211145j:plain

野菜やキノコ、お麩を投入。綺麗に並べてくれます。

 

f:id:ebikanix:20170606211146j:plain

ネギ、春菊どーん。

 

f:id:ebikanix:20170606211148j:plain

新鮮な卵スタンバイおーけー。

 

待つこと数分・・・

 

 

f:id:ebikanix:20170606211147j:plain

山盛りの野菜もいい感じにシュンってなった! 食べ頃じゃ!!

 

 

 

f:id:ebikanix:20170606211149j:plain

卵をからめていただきます!!

 

・・・うまい!

肉、うま。飛騨牛うま。柔らかい。

濃いめの割り下が甘辛く肉を味付けしてて、好きな味。

 

f:id:ebikanix:20170606211150j:plain

野菜と一緒に食べてもいける。天国。

 

普段、食が細い連れがすごい勢いで食べていた。

野菜とお肉、ごはんもおかわり出来る(有料)けど、普通に1人前でお腹いっぱい。

最後の方は炭火の強さで割り下が濃くなってたぐらい。弱火にしようとスイッチを探してしまった。スイッチないのにね。現代人め!

 

食後のデザートは、牛鍋を食べてない部屋へ移動して食べます。

炭火がないだけで涼しい〜。

 

f:id:ebikanix:20170606211151j:plain

冷たい器にはいった「ゆずのアイス」

牛鍋セットのデザート。これがまた美味しい!

あつーい鍋とあつーい炭火で汗をかいた後のアイスといったら、最高。

ゆずの皮がほどよい酸味で口の中が爽やかになっていきました。

 

幸せなお昼ご飯でした。ごちそうさま。

 

 

写真を見直してみて。

 

今回使った単焦点50mm。ボケと明るさは単焦点ならではと思う。いい感じ。

窓から遠い席で照明もやや暗めだったけれど、壁の白さに助けられたし窓からの光が逆光で肉がツヤツヤして良かった。しずる感いい。

ただ、身動きがあまりとれない場所で同じものを単焦点で撮り続けるのが自分にはきつかった。

立ち上がって真上から撮ってみたものの、上手くとれず、というか周りの目が気になっていかんです。結局ボツ写真になったし。

 

35mmの方が焦点距離も近いので、撮りやすかったかな。と色々と学ぶことが多い肉体験でした。